スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)

【SS元船長 最終弁論要旨】

 ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)に対する最終弁論要旨は以下の通り。

 ■公訴事実について

 起訴状記載の公訴事実のうち、威力業務妨害、器物損壊、艦船侵入、銃刀法違反については争いがない。しかし、傷害については、故意と因果関係、結果発生の有無、その程度について、合理的な疑いが残るもので争う。

 ■傷害の因果関係について

 被告が、ゴムボート上から、航行中の第2昭南丸の左舷側船橋部付近に向かって、酪酸入りのガラス瓶を圧縮空気式発射装置、ランチャーを使って発射し、これが左舷側船橋部付近壁面に当たって割れ、ガラス瓶内の酪酸が流出した。

 ガラス瓶の着弾場所から被害が発生したとされる場所までの直線距離は約9メートル、高さにして約7メートルの距離だった。

 第2昭南丸に向かって吹いてくる風速は毎秒6.2メートルで、これは、気象庁による風力階級では、「和風」と区分され、陸上では「砂ぼこりが立ち、紙片が舞う。小枝が動く」程度の風だ。海況によっては、上甲板上で波しぶきをかぶることはあるが、事件当時は大きな波はなく、波しぶきを体に浴びる状況ではなかった。被害者は、フェイスカバーの付いたヘルメットを着用して、海面から約120センチと、かなり海面に近い場所にいたが、身体にもヘルメットにも海水を浴びていない。

 因果関係と想定されるのは、ガラス瓶には純度の高い酪酸が入っており、それが着弾場所で激突して破裂し、瓶の中の酪酸が飛沫(ひまつ)となって左舷側後部の上甲板上にまで拡散し、フェイスカバーを鼻のあたりまで下ろした状態でヘルメットを着用していた被害者の顔面に付着した、ということ。

 酪酸は人体に有害であるとされるが、希釈化された場合の危険性については、証拠となっている文献上、何も記載されていない。ガラス瓶破片の鑑定書においても、酪酸の付着が認められたことのみが記載されており、濃度や純度などについては言及されていない。被告は、今回のガラス瓶と同種のものを取り扱った際に、誤って素手で20〜50ミリリットル程度の酪酸に触れたことがあったが、数分後に手を洗ったとき、特に痛みや炎症などの症状は引き起こさなかった。今回のガラス瓶内の酪酸も純度が低いか、相当希釈されていた可能性がある。

 製品としての酪酸は、油状の液体で、ある程度の粘性を有している。仮に、ガラス瓶が激突して破裂したとしても、風速が「和風」の状況では、酪酸が飛沫となって広範囲に飛散した可能性には疑問の余地がある。

 乗組員は「2枚のガラスににおいのする液体が付いて流れていました」などと述べている。ガラス瓶内の酪酸は粘性を持った液体だったことが推察される。

 また、ガラス瓶の破片は船橋甲板左舷側通路から回収されていて、実況見分調書添付の写真では、緑色の床がまだらに変色している。まだら状に変色したのが「船首尾方向に長さ1.7メートル、幅1.2メートル」であるということからすれば、相当量の酪酸がこぼれたことがうかがわれる。仮に、酪酸が飛沫化して船橋甲板左舷側通路を飛び越えて落下したとしてもかなり少量であったはずである。

 被害者の男性は、受傷時、顔に何かかかったという感じはしなかったと証言し、また、本件発生時の前後ごろ、上方からガラスの破片のようなものが降ってきてそれを浴びたり、液体が降ってきてそれを浴びたりしたとか、霧のようなものが上方から降ってきた感触はなかったとし、シャワー室に向かうまでの間に、上甲板上にガラスの破片のようなものが散らばっているとか、足でじゃりじゃりとしたものを踏んだ感触はなかったと証言している。

 一方、被害者よりも10メートル程度船尾側の上甲板上にいた乗組員も、事件発生時の前後にガラスの破片のようなものが身体に触れたという記憶はなく、上方から水が降ってきたような感覚は認識しておらず、顔に痛みを感じてから船内に入るまで上甲板上を船首方向に歩いたが、床にガラス片のようなものが落ちていた感触はなかったと証言している。

 これらの証言からすると、左舷側上甲板上に液体やガラスの破片のようなものが落下した事実は認められない。ガラス片が採取され、また変色の痕が認められたのは船橋甲板左舷側通路のみで、左舷側上甲板上からはガラス片や変色その他の異変が認められない。

 なお、シャワー室で洗顔した後、酪酸のにおいを消すために中和剤をまいた乗組員は、「左舷側の着弾したあたり、つまりブリッジ周辺一帯で、上甲板にはまいていない」と証言しており、左舷側上甲板上に酪酸は付着していなかった。

 被害者の男性は、事件時、ヘルメットのフェイスカバーを鼻のあたりまで下ろしていたが、これまでの経験上、フェイスカバーを下ろしている状態で海水がヘルメットの中に霧状になって入ってきたことはないと証言している。フェイスカバーを下ろしていれば、ヘルメット内部に飛散した液体が入り込むのは考えにくい。

 被害者の男性は、ランチャーが発射されてから痛みを感じるまで5秒以内程度で、被告がランチャーを構えたのを見て「危ないと思いました」などと証言している。しかしながら、身をかがめたり、ランチャーを凝視(ぎょうし)して動向を注視したりせず、身構えることなく漫然と5秒以上もブリッジの方を見上げて立っていたことになり、危険に遭遇したと感じる者としては不自然。証言はにわかに信じがたい。

 これに対して、別の乗組員は、ランチャー発射直前「反射的に身を隠していました」と供述しており、自然かつ合理的な反応で危険回避したと述べている。

 酪酸に関する「国際化学物質安全性カード」などは、身体への暴露として「吸入、皮膚、目、摂取」を挙げる。しかし、酪酸を浴びたと供述した者のうち、誰も「吸入」による症状を訴えていない。船医も、吸入によって生じる症状を診断書に記載していない。

 被害者の男性らは、着用していたカッパに酪酸の悪臭が付着したために翌日までに廃棄してしまった。酪酸が付着したカッパは、シー・シェパードによる酪酸の撃ち込みを立証する極めて重要な証拠で、漫然(まんぜん)と廃棄したのは極めて不自然・不合理な行動だ。

 ヘルメットについても、帰国の途についた以上、防護用のヘルメット着用の必要性はなくなっていたはずで、酪酸の飛沫を浴びて傷害の結果が生じたと主張するのなら、証拠として、着用していたヘルメットを洗わずに保全する措置をとっておいたはずである。

 化学熱傷を起こす物質は酪酸以外にも多くの種類がある。酪酸対策として危険有害性のアルカリ性中和剤が準備されていた可能性も払拭(ふっしょく)できない。

 ■傷害の結果について

 被害者が船医の診断を受けたのは、受傷2日後。全治日数を診断するには、実際の経過観察をもって結論を出すことが適切である。刑事責任が追及されうる場合に、被害者がどの程度の受傷をしたかは、量刑に重要な影響を及ぼす事実であり、一般的・抽象的な予測的診断を根拠にすることは著しく不適切である。

 ■故意について

 被告が、第2昭南丸の左舷側をボートで併走して、ランチャーを発射するとき、被害者の男性が受傷した場所付近に人がいることは認識していなかった。

 被告は、ランチャーを使用してガラス瓶を撃ち込む際、あらかじめ人のいない左舷側船橋部付近を狙っており、ガラス瓶発射行為は人の身体に向けられたものではない。

 被告の酪酸に関する知識は、人体に対して害を与えるものではなく、成分は、酸性度のオレンジジュースと同程度というものであった。人体に危害が生じるとの認識は全くなかった。

 ■情状について

 日本鯨類研究所が南極海で実施している調査捕鯨に付いて、反対する意見が国際社会において有力に存在している。

 被告は、捕殺を伴う調査捕鯨が国際捕鯨取締条約に違反するものと考えて、平成21年7月ごろより、妨害に参加した。第2昭南丸は、妨害行為を防止することが主な任務であり、海水を発射して、接近を防止するものだった。

 被告は第2昭南丸がスティーブ・アーウィン号に接近することを阻止することを目的としていたので、第2昭南丸左舷側船橋上部甲板の人がいないところを狙ってランチャーからガラス瓶を発射した。第2昭南丸に侵入することを決意し、実行したのは、被告の乗船するアディ・ギル号が第2昭南丸と衝突して沈没した事件について、第2昭南丸の船長に責任を問うことであった。直接相手方とあって話がしたいという動機は十分に理解しうるもので、斟酌されるべきである。

 持ち込んだナイフで乗組員に危害を加える意思は全くなかった。なお、小型ボートで航行する場合、ロープが身体に巻き付いたりした場合は命にかかわるのでナイフを携帯しているのが一般的であることから、ナイフ所持が違法とは思っていなかった。

 被告は、防護ネットをナイフで切断したが、第2昭南丸を所有する共同船舶に、被害金額を弁償した。

 第2昭南丸が東京に到着した後、海上保安官に対してナイフを差し出した。海上保安官に対して自ら申告した時点において、ナイフを所持していることは捜査機関に発覚しておらず、銃刀法違反については自首が成立すると思料する。

 被告は、自らの正義感でシー・シェパードの活動に参加したが、事件発生に至り、今後は他人を傷つけるような可能性のある活動には参加しない旨を表明している。被告に前科はなく、今回初めて身柄を拘束された。逮捕されて以来、約3カ月にわたって拘束されており、家族らと面会できず、その辛さは十分味にしみている。

 被告は、管理学の修士号などを有し、石油開発会社の勤務経験もある。母国には妻子もおり、今後、静かに暮らしていくつもりだ。

 ■結論

 傷害罪については、成立に合理的疑いの余地があると思料するが、その他の公訴事実についてはすべて認めており、被告には十分な反省が見られ、再犯の恐れもないといえる。今回に限り、母国での再起の機会を与えることが、更生の観点からも相当で、執行猶予付き判決を求める。

【関連記事 SS元船長求刑ライブ】
(1)ベスーン被告、除名処分「受け入れる」 赤らんだ顔で傍聴席ぐるり見回し
(2)「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告
(3)「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人
(4)「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
菅首相提案の財政健全化協議、野党は否定的(産経新聞)
介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)

梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)

 サントリーの大阪第2工場(大阪市港区)で4日、梅酒の漬け込み作業が始まった。前日に手摘みで収穫されたばかりの青梅約10トンが、蒸留酒の入った大型タンクに漬け込まれた。

 工場では、独特の甘い香りを放つ和歌山産の南高梅が次々とベルトコンベヤーに載せられ、洗浄後にタンクに入れられた。約8カ月漬け込んで梅を取り出した後、さらに熟成。店頭に並ぶのは来年秋以降になる。

 今年は天候不順で南高梅の収穫量は例年の約7割にとどまったが、「大粒、肉厚で華やかな香りがあり、品質は良好」(堤哲雄工場長)という。

 日本洋酒酒造組合によると、梅酒市場は平成16年以降6年連続で伸び、21年の市場規模は16年の約2倍に拡大。サントリーは22年に前年比113%増の約130万ケース(1ケース=720ミリリットル12本換算)の販売を見込んでいる。

【関連記事】
サントリーが広告電通賞
角ハイ、仁丹…販売新戦略「昔の名前」で売れてます
業務用「第3」たる詰め続々投入 “諸刃の剣”も
キリンビバレッジ コーラ飲料市場に参入
ストロングペプシで眠気スッキリ 炭酸、カフェインを増量
「はやぶさ」帰還へ

<トキ放鳥>「若い方が適応早い」0歳4〜5羽も(毎日新聞)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
菅政権でも外交変わらぬ=北沢防衛相(時事通信)
鳩山首相辞任 「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」(毎日新聞)
社民山口県連、原田大二郎氏の推薦見送り(読売新聞)

<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)

 低気圧から延びる前線の通過に伴い、東海地方各地では24日夕方にかけて、雷を伴った強い雨が予想されており、気象庁は注意を呼びかけている。

 23日午前0時から24日午前10時までの雨量は、岐阜県白川村で191ミリを観測したのをはじめ、津市・笠取山188ミリ▽三重県尾鷲市165.5ミリ▽愛知県豊根村75ミリ−−などとなっている。24日夕にかけての雨量は、三重県150ミリ▽岐阜県120ミリ▽愛知県100ミリ−−と予想され、土砂災害などへの注意が必要だ。【山田一晶】

【関連ニュース】
真夏日:群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録
蜃気楼:富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に
天気:ようやく春の日差し戻る 静岡など
真夏日:102地点で 群馬・館林で33.4度
夏日:各地で記録 熱海・網代で29.5度 気持ちいい!にぎわう水辺 /静岡

第二の人生襲った悲劇、同僚ら怒りあらわ 平塚のタクシー運転手殺害(産経新聞)
日米防衛相 中国海軍監視で協力(産経新聞)
連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
尼崎市で夫婦の遺体で発見 無理心中の可能性も(産経新聞)

殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)

 20日午前3時25分ごろ、神奈川県平塚市のタクシー会社営業所から「運転手と連絡が取れない」と110番があった。タクシーは同市横内の路上に止まっており、同45分ごろ、県警平塚署員がトランク内から、このタクシーに乗務していた同市河内、荒井庄次郎さん(62)の遺体を発見。首に刃物で切られたような傷があり、同署は殺人事件とみて捜査を始めた。

 同署によると、タクシーは東海道新幹線の高架下に放置され、料金メーターや運転席周辺が燃やされていた。エンジンキーがささったままの状態で、ドアやトランクは閉まっていたが、鍵はかかっていなかった。エンジンは止まっていた。荒井さんの着衣に乱れはなく、司法解剖して詳しい死因を調べる。

 同2時半ごろ、JR平塚駅前で荒井さんが客を乗せたことが勤務先の相模中央交通(同県厚木市)で確認されており、約10分後に無線を通じて雑音が聞こえたという。同社は荒井さんの携帯電話を鳴らしたが応答がないため、GPS(全地球測位システム)でタクシーの位置を確認。別の運転手に様子を見に行くよう指示したところ、荒井さんのタクシーから煙が出ていたという。現場はJR平塚駅の北約5キロの田園地帯。【吉住遊、中島和哉、渡辺明博】

【関連ニュース】
<関連記事>強盗殺人未遂:タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川
<関連記事>タクシー強盗:7万円奪い逃走−−尼崎 /兵庫
<関連記事>新潟・タクシー運転手強殺:事件から半年 チラシで情報呼びかけ 
<関連記事>シー運転手強殺:監視カメラに男性 「最後の客」か、確認急ぐ
<関連記事>北谷タクシー強盗:米兵息子ら3人逮捕

雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
買春容疑で県立高講師を逮捕=出会い系で17歳少女―福岡県警(時事通信)
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
NHKが強制執行初予告=受信料未収者8人に(時事通信)
車振り落とし殺人、出頭の男2人逮捕 京都・福知山(産経新聞)

千葉のクジャク、“写真判定”で飼い主判明(読売新聞)

 千葉県警八千代署で保管中に逃げ出し、10日に捕獲されたクジャクの飼い主が、同県八千代市に住む会社社長の男性と確認され、12日にも引き渡されることになった。

 この男性と茨城県の会社社長男性が10日、クジャクの写真を持参して同署を訪れ、飼い主と名乗り出た。

 2人とも「自分のクジャクと似ている」と譲らなかったが、その後、茨城県の男性のクジャクは茨城県警鹿嶋署で保護されていることが判明したという。

疾病牛の肝臓を販売=無許可卸売業者ら逮捕−栃木県警(時事通信)
中畑氏「頭がサエない分、体で勝負」…たちあがれ日本、11日にも擁立正式発表(スポーツ報知)
パトカー衝突、車の男性軽傷=別の違反車追跡中−警視庁(時事通信)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<強盗>飲食店の券売機売上金23万円奪われる 津(毎日新聞)

医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会は4月22日の総会で、「産婦人科医療改革グランドデザイン2010」を承認した。年間500人以上の新規産婦人科専攻医の確保や、助産師養成数の年間2000人以上への増員など、20年後の90万分娩に対応した体制づくりに向けた具体的な数値目標が示されている。策定に当たった医療改革委員会の海野信也委員長(北里大医学部産婦人科学教授)は総会後の記者会見で、「今後、この方向性で学会としてやっていく。(目標は)決して無理な数字ではない」と述べた。

 海野委員長によると、2009年度に新たに同学会に入会した産婦人科専攻医は452人だった。06年度が329人、07年度が335人、08年度が402人。海野委員長は、「過去4年間は間違いなく増えてきている」とし、10年度はさらに増えるとの見通しを示した。
 一方、過去5年間の助産師国家試験の合格者数は1500-1700人で推移しており、今後500人程度の増員が必要とされる。海野委員長は08年度に始まった厚生労働省の「助産師養成所開校促進事業」により、助産師養成所が増えていると指摘。助産師養成数は「今後増えてくるだろう」との見方を示した。


【関連記事】
地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会
人を大切にする医療システムを
保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査

共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
「アホんだら!」コンビニ強盗、競馬でスって自首(産経新聞)
「土佐大好きぜよ!!」宮迫博之さんの色紙盗難(読売新聞)
池袋西口公園で古本まつり(産経新聞)
癒着疑われぬ努力必要 国道交通政務官側への献金(産経新聞)

日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の火山灰が広がり欧州の空の便がまひした問題で、国土交通省によると、成田、関西、中部国際の3空港と欧州各地を結ぶ旅客便の欠航は15日から19日午後3時までで計210便となり、5万6000人に影響した。
 日本航空は45便、全日空は27便が欠航。英ブリティッシュ・エアウェイズ、独ルフトハンザ航空など欧州系は9社の138便が欠航した。
 帰国できずに空港にとどまっている外国人旅客は18日時点で、成田が94人、関西が44人という。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真ニュース〕アイスランドの火山噴火
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

5月決着、先送りの可能性=普天間移設で防衛相(時事通信)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ専務に昇格(レスポンス)
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)
ノエビア前副社長、認否を留保=ストーカー事件で初公判−神戸地裁(時事通信)

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)

 群馬県立自然史博物館(富岡市)は16日、同県高崎市の約1100万年前(後期中新世)の地層で平成14年に発見された化石が新属新種のヒゲクジラ類と判明したと発表した。博物館によるとヒゲクジラ類の新属の発見は国内で3例目。

 桐生市のアマチュア研究家でみどり市職員、清水勝さん(41)が高崎市吉井町の鏑(かぶら)川で発見。清水さんの名前などから「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名された。

 化石は長さ約75センチの頭部や背骨など。博物館が既存の化石や標本などと比較し、ヒゲクジラ類ですでに絶滅した「ケトテリウム科」の新属と確認した。体長は約4メートルと推測した。

 博物館の木村敏之学芸員によると、クジラは進化の過程で鼻骨の位置が顔の前面から頭頂部側に移っていく特徴がある。今回の化石は中間的な段階にあることが確認できるという。

 横浜国立大の長谷川善和名誉教授(古脊椎(せきつい)動物学)は「クジラの進化を調べる上で、非常に貴重な資料になる」としている。

 発見者の清水さんは「自分の名前が残るのは一生に一度あるかないか。化石の研究に貢献でき、非常にうれしい」と喜んでいる。

【関連記事】
かつては深い海だった…宍道湖からクジラの化石
「生きた化石」公開 えら5対、半透明の新種貝
野尻湖で26年ぶりにナウマンゾウの牙先端出土
クジラ提供すし店閉店 アメリカの交錯した建前と本音
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
外国人地方参政権問題に一石

JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で(産経新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕(産経新聞)
<箱館ハイカラ號>今季も運行 北海道(毎日新聞)
<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)

鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日昼、米ワシントンで開かれる核安全保障サミット(12〜13日)に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発する。サミットでは「核なき世界」を目指すオバマ米大統領を支持する姿勢をアピールし、唯一の被爆国の立場から核保有国からテロ組織への核物質流出防止の技術的な協力を主張する方針だ。

 首相は滞在中、12日夜(日本時間13日午前)の晩餐(ばんさん)会で隣席となるオバマ大統領と非公式に会談し、米軍普天間飛行場の移設問題について5月末までに決着させる日本政府の方針に理解を求める意向だ。12日午後(同)には中国の胡錦濤国家主席との会談も予定されており、14日夜に帰国する。

【関連記事】
鳩山首相、タイ首相に邦人死亡の真相究明などを要請
首相がポーランド大統領死去で哀悼の意
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
イラン追加制裁議論、月内採択なお困難
イスラエル首相、核サミット参加見送り 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
現場吸い殻のDNA鑑定で逮捕=男2人、恐喝容疑−福岡県警(時事通信)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
<ウナギ>完全養殖に成功した仔魚を初公開 三重・南伊勢(毎日新聞)

<二十歳の手紙>自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く(毎日新聞)

 04年に長崎市立中学で生徒指導された直後に飛び降り自殺した安達雄大君(当時14歳)の手紙が今年、母和美さん(48)に届いた。雄大君が小学3年時、当時の担任教諭が「20歳になったら届ける」と約束し、クラス全員で書いた「二十歳の手紙」だった。雄大君は生きていたら20歳。サッカー選手を目指し「ワールドカップでゆう勝してますように」とつづった文字を、和美さんは指でなぞった。

 04年3月10日、雄大君は喫煙の生徒指導を受け、校舎4階から飛び降りて死亡した。和美さんらは06年8月に「行き過ぎた生徒指導が自殺原因」として、市に損害賠償を求め提訴。長崎地裁は08年6月、請求は退けたが、雄大君の死を自殺とし、生徒指導と自殺との因果関係も認めた。

 小学3年時の担任教諭は雄大君の死亡直後に和美さん宅を訪れ、「二十歳の手紙、先に渡しましょうか」と申し出た。しかし和美さんは「雄大の手紙はちゃんと二十歳になって受け取りたい」と教諭に伝えた。その手紙が今年1月9日、和美さんの手元に届いた。

 「二本大表(日本代表)のキャプテンになってワールドカップでゆう勝してますように。なれなかったらプラモデル屋の人になってますように」

 雄大君のつたない文字と誤字に和美さんは「『日本代表』が書けないなんて情けない」。笑みと涙が入り交じった。

 和美さんたち保護者も当時、二十歳になったわが子にあてた手紙を書いており、11年前の和美さんの手紙も一緒に届いた。「二十歳の姿はあまりピンときませんがとても楽しみにしています」「自分の行きたい道を見つけてほしいと思います。何回失敗しても、お母さんは応援します」

 和美さんは「失敗しても応援すると、もっと早く言えばよかった」と声を振り絞った。

 長崎市教委が、和美さんらに伝えないまま、07年1月に「事故死」を「自殺」とする修正をひそかに県教委に報告していたことが09年に発覚。和美さんは今、自殺理由に「教師の叱責(しっせき)」を加えるよう市教委に求めている。

 3月10日は、雄大君の七回忌だった。和美さんは、雄大君の手紙を何度も読み返している。「でも二十歳の息子をどうしても想像できない。時間がたつってこういうことなんですね」【蒲原明佳】

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
自殺:硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション
硫化水素自殺:製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体
ネットカフェ:男性自殺 硫化水素検知し140人避難
自殺:対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン

重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
首相、岡田外相の竹島発言に「政府の考え方変えてない」(産経新聞)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)
スペースシャトル 山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
【アニマル写真館】「カリフォルニアアシカ」京都市動物園(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
現金化
情報商材
債務整理
ネットビジネス
債務整理無料相談
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    カナ (08/26)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    にゃん子 (06/04)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    桃医 (01/09)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    サキューン (01/01)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    リョータ (12/27)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    まろまゆ (12/23)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM