スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒(産経新聞)

 大阪府高槻市でスイミングスクールの送迎用マイクロバスが道路脇の壁に衝突し運転手が死亡、乗客の小学生らがけがをした事故で、バスは事故現場の約500メートル手前にある交差点を右折した直後に蛇行運転を始めた可能性が高いことが30日、高槻署の調べで分かった。高槻署は、死亡した運転手の大山晃永(あきなが)さん(65)が交差点を曲がった直後に体調が急変、事故につながった可能性が高いとみている。

 高槻署などによると、バスは29日午後5時45分ごろ、事故現場から約1キロ離れた「高槻スイミングスクール」を出発。決まったルートを走行し、児童らを順次降ろす予定だった。

 バスは約10分後、名神高速道路の高架下を通過し、高速の側道に当たる市道に入るため右折。乗客によると、この直後に大山さんは突然うめき声を上げて首を手で押さえるなどして苦しみだし、バスは約30秒間蛇行運転を続け、対向車線にはみ出し、側壁に数回も激突した末に停車。その衝撃で出火したとみられる。

 大山さんが勤務するバス運行管理会社「ケイルック」(京都市南区)によると、大山さんは約7年前に契約社員として入社し、高槻スイミングスクールに出向。勤務形態は午後1時半〜7時半の6時間勤務で週休2日制だったという。同社は「これまでに大きな事故歴はなく、持病などもなかった」としている。

 事故を受けて、高槻市消防本部は30日、バスの出火原因を調べるため、車体調査を実施した。

 また高槻署は同日、これまでに確認された負傷者10人に加えて、新たに児童2人も病院搬送されていたことを明らかにした。いずれも軽傷といい、今回の事故のけが人は計12人となった。

【関連記事】
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故
水泳教室の送迎バスが炎上、11人死傷 大阪・高槻
首都高の悲惨な事故 なぜ繰り返されるのか
乗員13人が軽傷 マイクロバスとタクシーが衝突 東京・東雲
あわや大事故、バス運転手意識失い後続車など衝突 高松道

「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
コンピュータ将棋ソフトが棋士に挑戦状 米長会長「いい度胸だ」(産経新聞)
宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
鳩山首相、連合滋賀幹部らに参院選の協力要請(読売新聞)

わいせつ致傷容疑で小学教諭逮捕=女子大生に馬乗り、胸触る−愛知県警(時事通信)

 女子大生にわいせつな行為をしたなどとして、愛知県警捜査1課と愛知署は28日、強制わいせつ致傷容疑で、同県日進市岩崎台、名古屋市立小学校教諭大藪享一容疑者(42)を逮捕した。県警によると、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は2月28日午前0時半すぎ、同県長久手町の路上で、帰宅途中の女子大生(21)をうつぶせに押し倒して馬乗りになり、ナイフを突き付けて「殺す、言うことを聞け」などと脅して胸を触るなどし、手や足に約2週間のけがを負わせた疑い。 

【関連ニュース】
女性駅員に下半身露出=容疑で消防士逮捕
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け
新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟
男性にアリバイ、釈放=わいせつ未遂で逮捕8日後
特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑

「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)
<東京・江戸川区教委>区立小校長を更迭 保護者と性的関係(毎日新聞)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議(医療介護CBニュース)
<銀河鉄道999>北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

【関連記事】犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
【関連特集】犬が教えてくれたこと
<しっぽの気持ち>人と犬の間の深い絆=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ボランティアがつなぐ命=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>私にできることは=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ガス室の不条理=渡辺眞子

<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
<事業仕分け>「1年生議員」の参加を指示 鳩山首相(毎日新聞)
妖怪たちが「ゲゲゲの女房」PR(産経新聞)
<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)

北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず(産経新聞)

 北海道教職員組合からの不正資金提供事件で同教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と自らの選挙陣営の経理担当だった木村美智留容疑者(46)が政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反で起訴されたことを受け、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は22日夜、北海道札幌市内で記者会見し、離党や議員辞職する考えがないことを明らかにした。

 小林議員は会見で「離党、辞職は考えていない。今以上に、国会や地域での活動に全力を尽くす」と述べた。

郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)
「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当−佐賀地裁(時事通信)
タオル覆面の金髪男、コンビニで4万円奪い逃走(読売新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟−福岡地裁(時事通信)

仕分け、党に協力要請=首相(時事通信)

 政府・民主党は24日夜、鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長らによる首脳会議を国会内で開いた。独立行政法人などを対象に4月から始める「事業仕分け」第2弾について、首相は「力を貸してほしい。枝野幸男行政刷新担当相のチームは人数に限りがあるので、党側でも検証をやってほしい」と協力を求め、党側も了承した。
 また、小沢氏は「予算も上がったし、参院選マニフェスト(政権公約)づくりも動きだした。これからは政策が軸になる」と強調。首相や小沢氏らで参院選公約を議論する「政権公約会議」について、来週中にも初会合を開くことを申し合わせた。 

元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故−兵庫(時事通信)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付(毎日新聞)
<八百長疑惑裁判>賠償を3割以下に減額 東京高裁判決(毎日新聞)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
仙谷氏、公務員の幹部人事を当面凍結(産経新聞)

「ツイン」1万台リコール=スズキ(時事通信)

 スズキは17日、軽乗用車「ツイン」の排気管部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2003年1月〜05年9月製造の1万106台。接続部の構造が不適切で、排気管が折れる恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
購入可能性低いは44%=リコールでトヨタ車
トヨタ一時金、満額届かず=シャープは4.5カ月
リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ
三洋、担当専務ら降格=洗濯乾燥機リコールで処分

<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
日弁連 新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫(毎日新聞)
首相、地下鉄サリンから15年「しっかりした態勢作らねば」(産経新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
<九州新幹線>締結式 青森−鹿児島つながるレール(毎日新聞)

女性遺体 切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)

 15日午後3時15分ごろ、福岡市西区能古の能古島の海岸で、アサリ採取中の地元住民が、下腹部だけの女性の遺体を見つけた。鋭利な刃物で切断されたとみられ、衣服は身につけていなかった。遺体はバラバラに切断された可能性もあり、県警は同日、死体遺棄事件として捜査本部を西署に設置。殺人を視野に身元の特定を急ぐ。

 県警によると、女性は成人で中肉、脚の付け根部分から切断され、胴体もへそ付近から上部がなかった。死後数日から数週間。海岸に漂着したとみられ、海面に浮いていたという。16日に司法解剖をして死因などを調べるとともに、現場周辺で他の部位の捜索をする。

 遺体が見つかったのは「のこのしまキャンプ村」近くの北東部。発見者の女性は「肌はきれいで比較的、若い人に見えた。お尻には3、4カ所のあざがあった」と話している。

 島内では行方不明者はいないが、福岡市博多区で6日から30代の女性会社員が失踪(しっそう)しており、県警は関連を調べる。

 能古島は博多湾に浮かぶ、福岡市西区の渡船場から渡船で約10分の離島。夏場は海水浴客、秋はコスモスの見物客でにぎわう。【島田信幸、金秀蓮、近松仁太郎】

メタボ健診 見直し提言 肥満でない人も循環器病に注意(毎日新聞)
<交通事故>衝突に巻き込まれ、歩道の夫婦死傷 大阪・和泉(毎日新聞)
本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCM
市美術館での国宝展示を事実上断念=「県内開催を最優先に」−篠田・新潟市長(時事通信)
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」(産経新聞)

<交通事故>重体の小3男児も死亡 名古屋・正面衝突(毎日新聞)

 名古屋市北区の堤防道路で乗用車2台が正面衝突した事故で、名古屋市西区大野木、会社員、天野正弘さん(44)=死亡=の長男で重体だった小学3年、凌(りょう)君(9)が16日夜、死亡した。2台に乗っていた4人全員が死亡した。愛知県警北署によると、凌君の死因は低酸素脳症。同署は、いずれかの車がセンターラインを越えて対向車線にはみ出したとみて当時の状況を調べている。

 事故は14日午後7時5分ごろ発生。調べでは堤防道路を西向きに走っていた天野さんの乗用車と、東向きに走っていた同県北名古屋市、無職、犬飼利成さん(43)=死亡=の乗用車が正面衝突。天野さんの車には長女で中学1年、唯さん(13)=死亡=と凌君が同乗し、シートベルトをしていたという。

 現場の堤防道路は片側1車線の対面通行。車は2台とも右前部付近が激しく損傷していた。【福島祥】

【関連ニュース】
交通事故:衝突に巻き込まれ、歩道の夫婦死傷 大阪・和泉
3人死亡事故:センターラインはみ出た可能性 名古屋
交通事故:正面衝突で3人死亡、9歳が重体 名古屋
交通事故:乗用車がトラックに追突1人死亡 千葉・京葉道
車衝突:2人けが パトカー追跡 群馬

低気圧、北海道の東へ=暴風、大雪に警戒を−気象庁(時事通信)
<札幌ホーム火災>未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)
三井情報、最大10万件の個人情報紛失(時事通信)
議会拒否「メディアへのお仕置き」=市民懇談会で説明−竹原阿久根市長(時事通信)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)

リコール済み生ごみ処理機が発火=ヤンマー、他社製品と無償交換へ(時事通信)

 経済産業省は16日、ヤンマー(大阪市)がリコール(回収・無償修理)した家庭用生ごみ処理機から発火する事故が、昨年10月に長野県原村で発生したと発表した。リコール対策として製品内部に取り付けた断熱材の劣化が原因。けが人は出ていない。経産省は「対策は有効でなかった」(製品事故対策室)としており、同社は17日から他社製処理機との無償交換を開始する。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
三洋、担当専務ら降格=洗濯乾燥機リコールで処分
フタバ産業、特損発生の見通し=ダイハツのリコール補償で
ふそう元会長らの有罪確定へ=三菱自虚偽報告、罰金20万円
軽自動車27万4000台リコール=ダイハツ

<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)
サリドマイドの副作用解明=手足の成長たんぱくを妨げ−東工大など(時事通信)
厳しい就活戦線 モバイル駆使、「即時性」加速(産経新聞)
<違法献金>小林議員から参考人聴取 札幌地検(毎日新聞)
京都・高台寺でライトアップの試験点灯(産経新聞)

学校と自治体の連携強化を―麻しん対策推進会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の第5回「麻しん対策推進会議」(座長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)が3月10日、国立感染症研究所で開かれた。出席した委員からは、自治体によって麻しん対策に大きな差があることを問題視する声や、予防接種率向上のため学校と自治体の連携の強化を求める意見が出た。

 国が2007年に定めた「麻しんに関する特定感染症予防指針」では、12年までにはしかを国内から排除し、その後も排除状態を維持することを目標としている。同会議は、はしか排除に向けて実施される施策の評価・見直しなどを行うために設置された。

 会議では、09年のはしかの患者数は08年と比べて大幅に減ったものの、排除の定義とされる「人口100万人当たり1人」のレベルにまで減らすことができたのは、秋田、石川、高知、熊本の4県だけであることや、昨年4-12月のはしかワクチンの接種率は、中学1年に相当する年齢の人(第3期)が65.8%、高校3年に相当する年齢の人(第4期)が56.6%にとどまっていることなどが報告された。
 また、高校での集団接種の実施によって、第4期の接種率を向上させた茨城県神栖市や、県の健康福祉部と学校関係者が協力し、予防接種を受けていない児童・生徒の出席を一時的に停止するなどの対策を講じた秋田県の取り組みなども紹介された。

■「接種率の低い自治体、厚労省が指導を」-蒲生委員
 委員からは「(麻しん対策を)よくやっていただいている自治体もあるが、全国には広がっていない」(畑秀二・SSPE青空の会副会長)、「08年、09年と予防接種率が低いままの自治体もある。厚労省は、ぜひ指導してほしい」(蒲生真美・「こっこくらぶ」編集長)など、麻しん対策への自治体の“温度差”を懸念する声が相次いだ。加藤座長は、自治体と学校関係者の連携をさらに強化する必要性を強調した上で、同会議が年に数回程度しか開かれていない点について、「この会は形式的な会ではない。もっと頻繁に行うべき」と指摘した。


【関連記事】
はしか患者、半減も神奈川県に偏在
はしか接種、新型インフルの影響で伸び悩み?
はしか排除対策、減速に危機感−患者の親の会
はしかワクチン未接種の中高生に学校関係者が勧奨を
はしかワクチン接種、昨年度は目標に届かず

北沢防衛相「辞任を求める議論おかしい」 内閣支持率低下(産経新聞)
「笑い」の学者しのぶ 関西大教授、木村洋二さん(産経新聞)
風船が一瞬で破裂…出回る違法「レーザーポインター」 (産経新聞)
明治神宮前(原宿)駅「JR線ではありません」(読売新聞)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
現金化
情報商材
債務整理
ネットビジネス
債務整理無料相談
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    カナ (08/26)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    にゃん子 (06/04)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    桃医 (01/09)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    サキューン (01/01)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    リョータ (12/27)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    まろまゆ (12/23)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • 酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM